SUBCUL

Don't Takky me.

> >

740" class="post-740 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-subcul category-game"
tw_gm_Bahalago

2007/

8

15

Wed

【レビュー】 バハムート ラグーン 「さわやかなNTRと俺のベストゲー」

久川ゲーマー史上最高の作品

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは、久川がかつて2007年に立ち上げてクローズした趣味サイト『ゲーム第2世代』のリサイクルページです。

 
おそらく自分の中で、最高のゲームがこれでしょう。
ゲームバランスは悪く、シミュレーションの名を冠しながらゴリ押しだけで勝利が掴める困った作品ながら、ストーリーとセリフでRPGやSLGを評価する自分にとって、これを越えるタイトルは未だ現れていません。
 
この作品を非常にわかり易く説明すると、シュールな『ナデシコ』といったところで、『ナデシコ』ほどオタクな笑いに走らず、その原型である『王様のレストラン』ほど演劇的な笑いにも走らず、ゲームにおける密室劇の最高峰といえるでしょう。

人間の善悪をコミカルに描いた名作

戦艦内は 30 人からの大所帯ながら、一介のクルーに到るまでそれぞれキャラクターが立っており、レギュラー陣はみなそれぞれが、人間の強い部分と弱い部分とゲスな部分を持ち合わせています。
 
このゲームに到ってはヒロインさえ非情で、反面批判も多いのですが、人間のリアル考えた場合、あの展開も別にありなのではないでしょうか。そういやあニナ・パープルトンに髪型似てるし。

感動的なシーンも多いんです

主人公の周辺では、若者たちの革命に懸ける情熱が表現され、艦内の別の場所では、つらい心情を隠しつつ艦内の若い息吹きに任せて明るく振る舞う大人たちが描かれ、その世代間の葛藤がストーリーの軸となりますが、その活力を持たない敵将は敵将で、夢を追って敗れた哀切を見事に表現しています。
 
ネタバレになりますが、病に倒れた覇者が死出の旅路に向かうにあたり、死後の夢を友に語りながら往生するシーンは、おそらくこのゲーム最大の見せ場なのではないでしょうか。

ヘンテコキャラクターの跋扈

前述の通り、ストーリーは後半にかけて特に曇り空になってくるのですが、なぜか艦内は明るいままです。
 
「どう考えてもモーホーな老魔法使い」や、「鎧が暑くて常に身体を掻きむしっている重装騎兵」など、ドット絵だからまだ生々しくない面々が艦内の空気を和ませ、そこに、「序盤はマブダチだったのに段々と仲が悪くなってゆく槍兵コンビ」や、「艦長にストーカー行為をはたらく女魔法使い」、「友達ができないが仕送りは欠かさない真面目な忍者」など、設定は面白いんだけど素直に笑えない登場人物たちが、決戦へ向かう士気を良い意味で殺ぎます。

本当にスクウェア作品なのか?

これを、大作が陥る演出過剰へのアンチテーゼとみるのは、大作主義の総本山たるスクウェアに対して穿ちすぎでしょうか。
なにしろラスボス直前のセリフが「この戦いに勝利し、家へ帰るのじゃ」ですからね。

俺が思うゲームシナリオの最高峰

これからゲームシナリオの本を書こうかって人は、プロアマ関わらずこのゲームを一通りプレイして、吸収できるところは吸収して筋を書いたりキャラデザしてくださると、一介の遊び手たる自分が嬉しい気持ちになれますので是非お願いしたい気持ちです。
 
昨今の、美少女・美少年ばっかり出てきてちっとも味のしないゲームに飽き飽きした人は、遊び手・作り手関係なく楽しめる、異形の名作です。

この記事にまつわる俺のオススメ

このブログ内のレトロゲーム記事リンク

バハムート ラグーン「さわやかなNTRと俺のベストゲー」

サンサーラ・ナーガ2「桜玉吉と往く宗教ゲームの世界」

ゼルダの伝説 夢をみる島「かぢばあたる版の感動」

ロマンシング サ・ガ2「本気で殺しに来る敵、七英雄」

半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!「将軍とっかえひっかえ」

いただきストリート2「庶民密着型のシリーズ最高傑作」

第4次スーパーロボット大戦「栄光の落日?詰んだ詰んだ」

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎「子供は勝手にクリア法を見つける」

スーパーワギャンランド「最強のマゾゲー!神様コースの恐怖」

きんぎょ注意報! とびだせ!ゲーム学園「キャラゲーの最高傑作」

にとうしんでん「アンチ真サム?ワンプッシュ必殺技」

MOTHER3「俺たちの愛したRPGの終焉」

MOTHER2(番外編・ほぼ日手帳にふれて)

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL