ZAKKA

Kaban to Zakka Autumn Collection.

> >

56" class="post-56 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-zakka category-denka"
MacbookThumbnail

2013/

9

10

Tue

Mac嫌いだった俺がMacBook Airを買ってみて思ったこと

Mac使いの俺的イメージの変遷と和解

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に書いておきますと。
 
俺は仕事では iMac、プライベートでは MacBook Air、ウォークマン代わりに iPhone4 を使っており、死んだジョブズさんにお世話にならない日はないほどの Apple ユーザーなのですが、なんかこう、いまだに好きになれんのですね。Macが。

俺がMacに愛されなかったワケ

で、俺がなぜMacを好きになれんのかを、自分なりに分析してみたところ、
 

(1)中2のとき親に CanBe 買ってもらって以来の Windows 党で 95 以来、黒歴史の Me も含めて苦楽を共にしてきたから。
 
(2)カネのない学生時分、BTOの DOS/V(すげえ懐かしい単語)が8万円かそこらで買えたのに、iMac は容易に部品とっかえ修理もきかず高くて手が出なかったから。
 
(3)Macユーザーのあのブルジョアな感じというか代官山の感じというか、朝陽さす白壁の前でヨガやって、飽きたら午後はスタバでティータイム、仕事はアパレル系の感じが何か苦手だから。

 
お前の部屋、壁から家具まで真っ白けじゃねえか!
フリー素材集の「女性の美容」編にでも使ってほしいのか、みたいな。
(伊集院のいう、下北沢はビレバンの匂いがするから苦手に近い)。

Macとの和解

でもね。
 
今や iPhone なんて食うや食わずのフリーターだって持ってるし、俺の買った MacBook Air だって通販で7万円かそこらだったし(むしろNECのデスクトップが平気でウン十万してることのほうが衝撃的)。
 
Windows ユーザーが「腐れマカー」の蔑称で呼んでた頃のMacのユーザー層(俺の中では白髪まじりのテクノカットに丸眼鏡。姜尚中みたいな喋り方の一級建築士)とは、もう何もかも違うということに気が付いたから、Macと仲良くしていこうと思った今日この頃。
 
桜玉吉が LC2 だ LC3 だと騒いでいた頃とは隔世の感があります。
実は俺も欲しかったんだよ!
ベーマガの中古パソコンの値段表を毎月見てたもんね。何のことはないアレって本体価格だけで、ディスプレイのことをすっかり忘れてた小5の夏。

Windows ナイズしています

でも、おもしれえというか情けないことに、俺のMacは、あらゆる部分 Windows ナイズしてたりします。
 
これは何かというと、俺のMac歴があまりにも浅くて馴れてねえから使いづらい、というのもあるのですが、俺の中のイメージとしての嫌いなマカー像と、他ならぬ俺とが、ちょっとニアミスしているということへの(前職アパレルで、現職が中目黒)照れというか、忸怩たるものがあるから、これで村上春樹とか読んでたら完璧な。戒めというか、あえて泥臭い Windows っぽくしている部分がちょっとあります。
 
オサレでカッコイイ部門は君たちに任せた。
俺は泥臭い道を行くよ。

この記事にまつわる俺のオススメ

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL