ZAKKA

Kaban to Zakka Autumn Collection.

> >

50" class="post-50 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-stationary category-zakka"
RhodiaThumbnail

2013/

8

31

Sat

ロディアを改造して最強のメモ帳を編み出してみた!

ズギャアァ!! 何かを閃いたとき。決まってそこにはペンがないんだよね

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは写真を見てください。
写真はスワヒリ語で PICHA といいます。
しらねえよ。
 

 
皆さんの目の前には今、「これはねえよな」という、いかにも垢抜けない改造をされてしまったロディアが転がっていると思うのですが、ケータイに入れたメモ帳アプリと、この改造ロディアで、俺の物忘れががっちりガードされたということを今ここに発表しましょう。

へんてこメモ帳の作り方

ペンはストラップ型ミニマッキーを使っていますが、
改造する気合いのある方は、次の道具を用意してください。
 
■ 用意するもの。と、説明が面倒くさいので手順も
・ 手帳型のミニロディア(モレスキン派の人は3冊一組のやつを。表紙は堅すぎないやつ)
・ 穴あけパンチ(事務所にある2穴タイプでも可)
・ 穴あけパンチで開いた穴を補強する透明シール(ダイソー)
・ ストラップひも(ダイソーのくるくる回す什器に引っ掛かってると思う)
・ ストラップの人形側の脳天に刺さってるフック(ジョイフルの工具コーナー)
・ 手動ドリルことピンバイス。最細よりやや太いぐらいでいい(ダイソー)
 
フックをペンのふたに穴を開けてくっつけて、
そのフックにストラップの金具をつけて、
ペン型ストラップを作ります。
 
で、そのストラップを、メモ帳の表紙に開けた穴に通し、
「ケータイにストラップをつける」がごとく
「メモ帳にペン型ストラップをつける」わけですな。
 
これだけきっちり用意できる人は、こんなメモ帳じゃなくて脳にきっちりデータ保存できる人だとも思うのですが、俺のようなRAM領域に磁性生物が棲みついている忘れんぼさんにはオススメの道具なのです。
あなたも脳にガウシィの気配(21エモンに出てきた磁性生物。磁気で宇宙船を遭難させてしまう)を感じたらぜひ。
 
■ 利点
・ 胸ポケットに入れておけば、人ごみで広げやすい
・ ペンが一体になっているので、どこでも書ける
・ 筆記体でぐちゃぐちゃっと書けば、覗かれても読めないから恥ずかしくない
自分でナニ書いたかわからなくならないように注意

本当の意味で「どこでも書ける」メモ帳の利点

結局ね、ちょっとした思いつきも、
意識の表層に浮かんでは消えてしまうんです。
 
きのう電車で見た「ピザを食うような手つきと顔からの距離でスマホを持っている女」のことも、けさ閃いた「稲川淳二が怖すぎたので会社に遅れます」という言い訳も、この記事を書くとき、開いたメモ帳の中に「じんくんとガンダム」とか「股から血が出た」って書いてあったらおもしれえな、とか(大した思いつきじゃねえな)覚えておいて初めて伝わるわけで。
 
「ナニカしなくちゃ・ナニカをしなくちゃ」という焦りも、
メモに書き留めておけば、少しは和らぐというものなのです。
 
俺はね。

「ロディアをちぎらない方法」? なああにいい~?!

あと、仕事用に、大学ノートの代替として大きなロディアを使ってる人がいるけど、カッコイイのはわかるが、あんまり実用的じゃないと思うんだよなあ。
折り曲げて表紙がバッツくなるのと、ちょっと引っ張るとページが切れちゃうんだもん。
台紙ノートに貼って管理するのでもない限り、大人が打ち合わせた内容を確実に遂行する観点から考えれば、真逆にあるような気がする。
 
「ロディアをちぎらないで付箋で管理する方法!」っていわれてもね。
「ロディアを使わないという選択肢はなかったのですか?」というか。
そんなあなたに「道具に使われないでください。自分に合った効率的なものを」っていわれても、どうも信用ならんな。
 
なんだかんだ言っても、ブランドモンや高級車なんて見栄ですからね。
「オサレ文具屋で売ってたものを使うやつが仕事がデキる」のではなく、「文房具にこだわるやつは仕事に愛着があるから仕事がデキるようになる」のに過ぎないわけで。

俺のお気に入り筆記用具

それなら久川おまえは何使ってるんだって?
 
男は黙って、コクヨ・キャンパス。
……の方眼紙仕様のやつね。
無印良品の黒いジーンズラベル地のやつをカバーにして。
 
でも、これも「クライアントへの信頼感演出の小道具」として持ち歩いてるだけで、糸井さんのカズン一冊あれば充分というか、一冊でまとめるために 500g 越えの重たいカズンを持ち歩いているので、正直捨てられるものなら捨てたいですな。2台持ちじゃん。
 
あんまり仕事できなさそうなオッチャンに限って、ナイロン地の、鬼のようにでかいブリーフショルダーを持ち歩いてて、中を覗くと土建屋のトラックの助手席みたいになってたりするのを見ると、バッグの中身は少なければ少ないほどいいと思っているので。

この記事にまつわる俺のオススメ

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL