SUBCUL

Don't Takky me.

> >

600" class="post-600 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-gundam category-subcul"
tw_gd_KuroA

2006/

2

1

Wed

ガンダム黒歴史~外宇宙とカイラスギリーの謎

逆説の黒歴史・人類黄昏編(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは、久川がかつて1999年に立ち上げてクローズした趣味サイト『GUNDAM DICTIONARY WEB』のリサイクルページです。
なお、このコラムの執筆は2006年であり、その後に発表された作品の中で塗り替えられた設定等があるであろう旨、ご考慮いただいた上でお読みください。

 
∀とガンダムシリーズを語る上で避けては通れないもの。
それが黒歴史。
黒歴史とは、ガンダムによる歴史である。

黒歴史とは何か

∀ガンダムの世界より遥か太古の昔、地球圏を舞台に繰り広げられた宇宙戦争――。
正歴 2345 年においては、「冬の城」のライブラリーに残るだけのその最終戦争の記録。黒歴史とは、無数のガンダムによって引き起こされた宇宙戦争の歴史のことである。
 
この「ガンダムによって」という部分は、ときた氏のコミックによって語られる黒歴史だ。
確かに宇宙戦争の主役を担ったのはガンダムである。
作品がガンダムという名を冠する以上、ストーリーの主導権を握るのはガンダムでしか有り得ない。

黒歴史とはMSの歴史である

しかし、ガンダムはその時々において味方する陣営を変えてきたMSである。
時に地球市民の味方として宇宙移民者弾圧に手を貸し、時に地球の清浄化を叫んで地球に攻撃を加え――。
黒歴史とは、度重なる宇宙戦争に駆り出され続けた、MSの歴史でもあるのだ。
 
ときた氏の記述通り、ともかくしてガンダムによって口火が切られ、そして収束された宇宙戦争の数々は地球と人類に大きなダメージを与えた。
そして生き延びた人々は、新天地を探して外宇宙へと旅立っていったという。
「ガンダムによって」という記述を除けば、佐藤氏も福井氏も、そして大御所・富野氏の描く黒歴史も、大まかにしてそのようなものである。
 
ここでは、原作の富野氏、そして特に詳細な黒歴史の真実を書かれた福井氏、お二方の描かれた黒歴史について、私の乏しい推理力を働かせながらも精一杯シャカリキに解説してゆこう。

カイラスギリーについて

新書版においてハリーは、反抗者グエンと地球で無法を働くフィルを撃滅せんがため、月地下に眠るある巨砲を発動させた。
その名を「カイラス・ギリ」。
これは新書版のみならずアニメ版にも出てきた名前で、月を直撃しようとするミスル・トゥの処置を巡り、この兵器の使用が叫ばれる場面がある。
 
無論、語るまでもなくこの元ネタはVガンダムのカイラスギリーにこそある。
なるほど、あれだけの兵器ならばウィルゲムやソレイユが如き戦艦など、一撃のうちに消し去ることが出来るだろう。返す刀で小惑星ミスル・トゥを破壊せしむるだけの威力をも持っている。
 
しかしよくよく思い返してみると、この兵器には謎が多い。
この巨砲の登場したVガンダムにおいて、果たしてカイラスギリーは最後にはどうなったか。ザンスカールが建造しながらもリガ・ミリティアに奪われ、逆にベスパを討つための道具とされてしまったカイラスギリーである。
 
なぜ、そんなものが月面都市に埋まっているのか。
確かにリガ・ミリティアの拠点は月面都市セント・ジョセフにあった。
月にまつわる勢力が持っていることに不思議はないのだが――。

カイラス・ギリをどう解釈するか

ところが、リリ・ボルジャーノの語るところによれば最初の宇宙世紀とは一万年(映画版では五千年)も前の存在。
それがなぜ、そののち誰にも解体なり破壊なり朽ち果てるなりせず、一万年ものあいだ月に放置されていたのか。
 
カイラスギリーが眠っていたのは、半ば精神錯乱を起こしていたような黒歴史最後の人類の話ではない。あれだけの破壊力を持つ兵器なら、そののち連邦なり議会軍なり、革命軍なりOZなりが利用しようとした筈である。
 
だが、歴代ガンダム劇中にその描写は一切無い(作家さん方も、まさか黒歴史なんてもので括られるとは思わなかっただろうから)。

カイラス・ギリの正体

――では、あのカイラス・ギリとは一体何なのか。
 
私の見解はこうだ。
あれは、あの時のカイラスギリーではない。名前だけを戴いた別物――もしくは、設計やパーツのみを流用しただけで、根は違うものである。
 
新書版には、カイラス・ギリに関してこのような記述がある。
「対異星人襲来用地球圏防衛最終兵器」、「月面都市の市民を避難させた上で使われるべきもの」。この「異星人」の部分を、ロランは馬鹿げていると感じるのだが、我々がVガンダムで観て来た通り、ザンスカール帝国はそのような目的を持ってはいなかった。
 
静止衛星軌道上に配備されたあれは飽くまで連邦を黙らせるためのものでしかなかったし、スクィードは外宇宙に出る能力を有してはいたが、異星人を征服するための艦ではなかったではないか。
 
ロランの抱いたこの「馬鹿げている」という感情は、劇中「冬の城」の黒歴史再生の場面において、彼が「地球圏の人間同士」の宇宙戦争しか見ていなかったところから発しているのに違いない。我々視聴者もそうだ。

最終戦争について

――だが、真実は違う。
UC、AW、AC、CE、FC、その果てに起きた、地球人と宇宙移民者の最終戦争――。明確な形での富野氏の描写はなく、福井氏の記述でも曖昧なまま伸ばされている人類の最終戦争が、この間にはひとつ挿まれているのだ。
 
最終戦争――アグリッパが口にした、アーマゲドン。
それは、地球において争われた地球人と宇宙移民者との間に起きた黒歴史・最後の戦いのことで、黙示録にも記されていない人類の黄昏である。
 
外宇宙の彼方より母星へと戻った宇宙移民者は、地球を欲して地球人と戦い、その結果、惑星そのものに壊滅的な打撃を与えた。
そして遂には地球を手にすることを諦め、さらには戦争の愚にすら気付き、ニュータイプへの進化を果たして、見果てぬ外宇宙へと旅立っていった。
地球に攻め入った彼らは、「スペースノイドの末裔」と推測が立つ。

最終戦争に用いられたカイラス・ギリ

この最終戦争において地球人は、根源を同じくする宇宙移民者を指して「異星人」と呼び、この迎撃にカイラス・ギリを用いたのではないだろうか――。
 
彼らを水際で撃退するためのカイラス・ギリ。
これが実際に放たれたのかどうかは定かではないが、超未来人を相手にして、まして本当の異星人が相手では力不足。たかが衛星軌道から地球の一都市を破壊するだけの威力しか持たない兵器では、いかにも頼りないだろう。
 
それにやはり、宇宙世紀 153 年に建設されたものでは余りに年が離れ過ぎてしまう。どうにも有用とは思えず、「人類が造り得た最大の破壊兵器」という記述にもそぐわない。
 
文庫版に登場するブラックドールも同様だ。
いかにサイコガンダムが強大なものとはいえ、黒歴史最後のMSと互角に戦いうるわけがない。ザクやカプール相手にも苦戦する平和ボケしたディアナ・カウンターのMSが相手ならばまだしも、世界を埋葬するほどの力を持った∀を相手に、対等たりうるわけがないではないか。
 
外宇宙へ行く力をも手にしたスペースノイドとの戦いに際して地球側は、月を本拠地にあの巨砲を配備した。
これは飽くまで配備であって、設置ではない。
月面都市に埋め込まれ、トレンチ・シティに加速器を置いての発射をその運用方法としたのは後の世の話だ。加速器を始め、砲そのものまでが宇宙空間に浮かんでいたに違いない。――ではなぜ、そう断言できるか。

地球に向けて砲門を固定されたカイラス・ギリ

それは、カイラス・ギリの照準が地球側を向いているからだ。
ソレイユのフィルを直撃できたのは、地球から見ての月の正面――ウサギの居る側――に砲塔が存在するからで、ウィルゲムを狙えたのも彼らが地球へ向かっていたからである。例えば月面に海(「静かの海」ではない。LUNA SEAでもない。本物の海である)があって、その洋上を砲門だけがふよふよと滑って「トゥール・ハンマー発射ァーッ!」などと反対側の敵を狙えるような仕組みでもない限り、これでは外宇宙からの侵略者に対処できない。地球を背に艦隊を布陣されては堪らないではないか。
 
それに第一、月面都市に埋め込まれた兵器に、カイラス・ギリなどという名前を付けるものだろうか?
仕組みから外観までが、カイラスギリーとよく似ていたからそう名付けたのだろう。
故にあのカイラス・ギリは、正暦になってソレル家が市民に戦争の愚を説いてから月に埋め込まれたと考えるのが一説。

カイラス・ギリは誰の所有物か

そして、カイラス・ギリ所有に関する解釈に、可能性は薄いがもう一説ある。
それは、カイラス・ギリは外宇宙側の持ち物で、彼らが地球を引き上げた後、ムーンレィスがそれを自らの防衛用に奪取したというもの。ターンXの頭部にカイラス・ギリのコントロールシステムが内蔵されているのが一応の根拠だ。
 
しかし、ハードウェアというものは進化する。
かつて地球侵略に用いられたものが、再度の侵攻に際して必ずしも有効であるとは限らない。さらなる破壊力を以って地球に迫る筈だ。そのようなものを拠り所とするわけには、ムーンレィス側とていくまい。

カイラス・ギリの防衛システム「バグ」

しかも、この説には決定的な穴がある。
それはカイラス・ギリに添えられたバグの存在だ。
ムーンレィスの拠点防御用に配備されたバグは∀を襲った。
 
外宇宙から漂流してきたターンXは外宇宙側の持ち物。
「10番目の星により道を曲げられたもの」という意味をもつこの地球外の機体を敵と見なして襲ったのならば理解もできるが、ターンXと相対する∀を襲うのは何故か。
メリーベルが語ったように、かつて∀を倒し損ねたターンXである。
∀とは、地球陣営の一員として戦ったMSなのであろう?
 
では、カイラス・ギリが敵とする「異星人」とは一体誰のことだ?――カイラス・ギリの照準は地球を向いているというのに。
さらに付け加えれるなら、月オリジナルメイドのMSスモーと、超文明∀のコクピットの類似は一体どう説明できるだろう。
 
(後日追記。これらMSを焦点に黒歴史を研究する際は、DS版ジージェネのセンチュリオ・シリーズにも注意を払う必要があるだろう。あれらMSのデザイン的なエッセンスは、ターンXへと受け継がれていると思われる。最近のスパロボのヘブライなネーミング以上に、センチュリオ・シリーズのロマ~な名前には幼さを感じさせられつつも)。

外宇宙人が地球占領をあきらめた理由

やはり導かれる結論はこうだ。
外宇宙側は地球を手に入れようと戦ったが、地球環境の破壊を続けるあまり、遂には「萎えて」しまったのだ。
 
彼らは地球から手を引き、結果として地球側は勝利を収めた。
そして、外宇宙側は地球を巡っての戦争の愚に気付き、とうとうニュータイプへと進化、外宇宙に向けて人類社会を構築していったに違いない。
 
だからこそ地球と月に住む人々は、ギリギリの防衛戦の勝者でありながらも人類の棄民なのである。
 
自らの故郷を破壊されての勝利――。
どうやら一時的な和平もあったらしい。

ザックトレーガーは傷つけた地球への善行

ザックトレーガーの存在は、アースノイドとスペースノイド最後の「共同事業」を教えてくれる。戦時中であれば、あれほど大規模な施設は建てられまい。これ以上の惨禍が繰り返されないと解っていたから彼らは地球再生に乗り出し、ナノマシン散布装置――主目的は「軌道エレベーター」に代わる大気圏離脱をサポートするためのものとされているが――を建造する。
 
「人類がたったひとつ地球に施した善行」がこれだ。
花咲爺の童話になぞらえ、ザックトレーガーはナノマシンという灰を撒く。
その肥やしが∀。
 
枯れた地球大地に再びの恵みを与えるため、幾千万回の戦争を繰り返しても再び人類が再生を果たせるよう、マウンテン・サイクルに残された数多くの兵器と共に、∀は地球に眠る。アニメ版で月光蝶が消し去る場所に何かの工場か都市の跡が見られるように、あれはきっと戦後処理だったに違いない。
 
ザックトレーガーと二個一での戦後処理。古代文明の埋葬。
あるいはそれは、小説本編中「栄華に任せた」とある通り、原点回帰という盲信の熱狂のうちに進められたものだったのかも知れない。

ターンエーの登場人物それぞれの祖先

その一方、破壊された地球の再生を見守り、いつの日か訪れる帰還を待っていたのが、月に住むルナリアン。
――ディアナやハリーたちの祖先だ。
 
第四の勢力も存在する。
外宇宙勢力との和解を果たしてなお、地球への残留を望んだ地球人、または、地球を破壊してまでの戦争にさえその愚に気付かず、いよいよ味方からも切り捨てられた外宇宙人である。
彼ら「完全なるオールドタイプ」たちの末裔が、グエンやキエルなのだ。
 
外宇宙側が後者を認めたのかどうかは解らないが、彼らは彼らなりに賢明であった。
なぜなら自らの記憶と歴史を停滞されることで、再度の大戦争に安全弁を付けたのだから。
 
しかも、後にディアナが理想を見いだすことになる「生と死のある生活」を、敢えて企図することなく、遙か二千年も前から自然と実行に移していたのだから――。
 
一方、なまじの技術力を残したが故に彼らとは考えを異にしたムーンレィスたちは、地球人の住まう場所・地球を、闘争本能の蘇る禁忌の土地として目を背け、冷凍された女王などという、生物として異様な存在を作り出してしまった。
 
ウィルゲイムと出会うことで地球人の正しさに気付いたディアナは、やはりアグリッパたち保守的なムーンレィスにとっては異端の存在だったのであろう。
 

(後編はこちら)

この記事にまつわる俺のオススメ

このブログ内のガンダム歴史コラム記事リンク

ガンダムの歴史/序章~宇宙史の始まり

第1集~ 0079 一年戦争(ファーストガンダム)

第2集~ 0083 デラーズ紛争(0083)

第3集~ 0087 グリプス戦役(Z)

第4集~ 0088 ペズンの反乱(センチネル)

第5集~ 0088 ハマーン戦争(ZZ)

第6集~ 0093 シャアの反乱(逆襲のシャア)

第7集~ 0123 コスモ・バビロニア建国戦争(F91)

第8集~ 0133 木星戦役(クロスボーン)

第9集~ 0153 ザンスカール戦争(V)

第10集~ 0203 マハの反乱(ガイア・ギア)

第11集~ 0223 平成ガンダム以降(G・W・X)

ガイア・ギアとシャア・アズナブル(前編)

ガイア・ギアとシャア・アズナブル(後編)

ガンダム階級論(前編)パプティマス・シロッコは大尉が妥当か?大佐か?

ガンダム階級論(後編)ザンスカール帝国の階級問題について考える!

ムーンレィスの失敗~小論「地球帰還作戦はなぜ失敗した?」

逆説の黒歴史・人類黄昏編(前編)最終戦争とカイラスギリーの秘密

逆説の黒歴史・人類黄昏編(後編)真なるニュータイプとは何か

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL