SUBCUL

Don't Takky me.

> >

761" class="post-761 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-subcul category-game"
tw_gm_Hanjuku

2007/

8

15

Wed

【レビュー】 半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

バラエティ豊かなマップ群と将軍とっかえひっかえの楽しさ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは、久川がかつて2007年に立ち上げてクローズした趣味サイト『ゲーム第2世代』のリサイクルページです。

 
半熟英雄シリーズ、最初で最後の名作。
すぎやまこういち氏によるBGMをバックに、全 13 マップにおよぶ長い長い戦いが繰り広げられますが、マップごとに用意されたボスは大魔王だったり大統領だったりとユニークなものが多く、その長さは微塵も感じさせません。
容易に部下を雇ったり解雇したりを繰り返して最強メンバーを揃える遊びができるので(程度の低い中小のワンマン社長みたいな)全 13 マップが短いぐらい。

最強メンバーを揃える楽しみ

ポセイドンやバゲットといったステータス良好な将軍では飽きたらず、しまいにはフリオニールだマルガリータだといったレア系将軍までコレクションしたくなってきますが、これら珍しい将軍がルーレットに出る頃には、もうゲームの終盤なのが残念なところ。
 
レベルにインフレ起こすだけで「やり込みゲー」とか言っている昨今のシミュレーションとは楽しみ所が違いますし、バグのため、あんまり鍛えすぎると逆に弱くなっていくため油断ができません。

結局システムが気持ちいいんだよっ

そうこう書いてゆくうちに思ったのですが、このゲームの面白さは直感に近いものであり、自分がどうこう言うまでもなく、あまり書き綴るべきことがないことに気付かされました。
 
きっと俺と同様こまった歴代レビュアーの連中が「ドタバタギャグの」とか別にこのゲームの主でもないようなことを大袈裟に書くにつれ、そういう作品に仕立て上げられていったのではないでしょうか。ぶっちゃけそれほど笑えるようなもんではないですからね。
 
『3』の悪ふざけと『2』のポップな感じは全然違うし、強いて言えば、アクション要素のあるSLGといったところでしょうか。昔の『ガチャポン戦士2』みたいな、自由度の低いところにわずかな自由を見せて引っ張っていくようなスタンス。
SLGとアクションの比率が9対1で、これが逆になると『三國無双』になります。なんか知らんけど。

どちらも共通しているのは、遊んでる本人はべらぼうに楽しいけど、横で見てる人間は何一つ楽しくないということですか。ツレ呼んでこれ遊び始めた日には、みんな仏像みたいな顔になってましたし。
 
そんな分析と報告はさておいても、この作品がスーファミ中期を代表する名作であることに変わりはありません。
ドラクエで有名なすぎやまこういち氏による和風なボス戦の曲や、雄々しいモンスターが召喚されたときの曲も個性的で良かったですね。

PS2版『3』の失策

それだけに悔やまれるのは、これだけ見事な作品を作れたメーカーが、10 年を経て出したアレは一体何だったんだということ。
 
ゲームとして評価できる部分が、申し訳ない話あらゆる面で何一つ無く、なんか知らんけどモンスターの画像がスーファミより劣化してたり(当時のハガキからキャプチャしたのか、それとも田舎の専門学校生か何かに描かせたのか)、あんまし売れなかった第一作目をベースにBGMが構成されていたり(懐かしいこともヘチャチャもない)、染之助・染太郎さんを出してテンポ崩してみたり、意味なくこずえ鈴のヘタクソなナレーション盛り込んでみたり、ダラダラダラダラとにかく何がしたいんだの連発で。

『4』の復権と現代軍隊との戦い

その続編は良かったんですけどね。
ラストステージでは地球に降りたりして、連邦軍相手に戦車と戦ったりとか、その意外性に喝采だったのですが、産みの苦しみにしては苦しませすぎだろう、という。
スーファミで出た『2』の次は求むべくもない、シュールにいけば手抜きと言われ、ドタバタすれば寒いと言われる、正直、続編を出すのは苦しかったシリーズなのでしょう。

この記事にまつわる俺のオススメ

このブログ内のレトロゲーム記事リンク

バハムート ラグーン「さわやかなNTRと俺のベストゲー」

サンサーラ・ナーガ2「桜玉吉と往く宗教ゲームの世界」

ゼルダの伝説 夢をみる島「かぢばあたる版の感動」

ロマンシング サ・ガ2「本気で殺しに来る敵、七英雄」

半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!「将軍とっかえひっかえ」

いただきストリート2「庶民密着型のシリーズ最高傑作」

第4次スーパーロボット大戦「栄光の落日?詰んだ詰んだ」

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎「子供は勝手にクリア法を見つける」

スーパーワギャンランド「最強のマゾゲー!神様コースの恐怖」

きんぎょ注意報! とびだせ!ゲーム学園「キャラゲーの最高傑作」

にとうしんでん「アンチ真サム?ワンプッシュ必殺技」

MOTHER3「俺たちの愛したRPGの終焉」

MOTHER2(番外編・ほぼ日手帳にふれて)

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL