SUBCUL

Don't Takky me.

> >

748" class="post-748 post type-post status-publish format-standard has-post-thumbnail hentry category-subcul category-game"
tw_gm_Rockman2

2007/

8

15

Wed

【レビュー】 ロックマン2 「子供は勝手にクリア法を見つける」

ナンバリング中、最もタチの悪い名作

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページは、久川がかつて2007年に立ち上げてクローズした趣味サイト『ゲーム第2世代』のリサイクルページです。

 
『ロマサガ2』のコラムでも書きましたが、やはり自分は、本気で挑んでくるゲームが好きなようです。
『ロックマン1』 のようなダラダラと長いステージに時折トラップがあるような構成も決して嫌いではありませんが、8ステージそれぞれが珍しい地形で、ザコの乱出と中ボスと即死トラップを巧妙に組み合わせた今作の難易度調整は見事というほかありません。
 
まさに緊張と緩和のこれ以上ない体現。
そして、それらステージをくぐり抜けた先に居座るボスもまた、自分は全シリーズ遊びましたが、やはり2が最も個性的かつタチが悪いのではないでしょうか。

異様なゲームバランスがなくなっていく

ウッドマンやエアーマン、ヒートマンといった三下級でも、妙に守りが堅かったりステージが難しかったりと攻略に手こずり、いわゆる「弱点」武器を持っていても苦戦するクイックマン、クラッシュマンに到ってはもう嫌がらせです。しかしそこが堪らん。
 
どいつからでも倒せるシリーズ末期の『5』や『6』は、ロックマンの一体何を忘れてしまったのでしょう。「まずは4ボスを倒してから」という『7』以降も、なんかバランス調整を投げたような気がして好きになれませんでした。ていうか調整なんかせんでええねん、子供ら勝手に順番探してクリアしていくから。

BGMも素晴らしいシリーズでした

BGMも優れているといえば優れているのですが、時代が時代だけにループが短く、おっくせんまんで有名なあの曲も良いけれど、自分は『4』とか、世間的な評価が著しく低い『ワールド2』のほうが、実は名曲で溢れているような気がします(おっくせんまんは、メガドライブ版のアレンジが良くなかったっちゃあ良くなかったのですが、ファミコンのあのチープな音で聴かないと、どうにも感動が薄れるようです)。

実はわしは宇宙人だったのだ!

余談ながら、この作品のサブタイトル「Dr.ワイリーの謎」の “謎” の部分とは、おそらくラスボスワイリーがエイリアンの姿に変化することを指していると思われますが、台詞回しの奇才ぶりに定評のある池原しげと版では「実はわしは宇宙人だったのだ!」とかなんとかいう素敵な台詞を拝むことができます。
 
あの手塚先生のアシをしていたこともある池原氏と、無類のロックマンフリーク有賀氏は、今さら語るまでもなくロックマンのボスキャラたちに生命というものを吹き込んだ大功労者でありましょう。 
有賀氏のヒートマンの「燃える~!」を初めて見たとき、「俺が通産官僚だったら応募した人にグッドデザイン賞をあげたのになあ」と思ってしまいました。なんか知らんけど。

Xシリーズもね!(エポック社っぽく)

ところでロックマンといえば、無印ばかりでなく『X』シリーズも忘れてはいけません。
百年後の未来を描きつつ『X1』から早速おなじみライト博士を登場させ、『X2』ではワイリーの頭脳移植ロボみたいのも出てきたりして、シリーズに連続性と深みを与えた点では功績の大きなシリーズです。
 
今なお現在進行形で続編が発売されてますが、自分は『X4』が一番好きでした。
採掘用ロボットとか探査用ロボットといった転用系ではなく正規軍が挑んでくるあたり(そのくせシリーズ中一番カンタンだったりするのは困りものですが)、彼らが気高いセリフを吐くあたりなど、タダのアクションゲームと一線を画すストーリー運び&仲間由紀恵の黒歴史があの作品の魅力です。

仮面ライダーやウルトラマン的なヒーローに

自分がロックマンを卒業した後も、ジャリンコらが『エグゼ』に熱中してたりする様は、仮面ライダーやウルトラマンの新シリーズにハマる若い親父さんのような気持ちになれます。
次の世代、次の世代へと、これからもどんどん裾野を広げて欲しいシリーズですね。

この記事にまつわる俺のオススメ

このブログ内のレトロゲーム記事リンク

バハムート ラグーン「さわやかなNTRと俺のベストゲー」

サンサーラ・ナーガ2「桜玉吉と往く宗教ゲームの世界」

ゼルダの伝説 夢をみる島「かぢばあたる版の感動」

ロマンシング サ・ガ2「本気で殺しに来る敵、七英雄」

半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!「将軍とっかえひっかえ」

いただきストリート2「庶民密着型のシリーズ最高傑作」

第4次スーパーロボット大戦「栄光の落日?詰んだ詰んだ」

ロックマン2 Dr.ワイリーの謎「子供は勝手にクリア法を見つける」

スーパーワギャンランド「最強のマゾゲー!神様コースの恐怖」

きんぎょ注意報! とびだせ!ゲーム学園「キャラゲーの最高傑作」

にとうしんでん「アンチ真サム?ワンプッシュ必殺技」

MOTHER3「俺たちの愛したRPGの終焉」

MOTHER2(番外編・ほぼ日手帳にふれて)

Author ウェブデザイナー久川智夫

ぜひこの記事をシェアしてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぜひコメントをお寄せください!(メールアドレスは公開されません)

この記事のトラックバック用URL